2010年04月19日

映画『シャーロック・ホームズ』

札幌劇場にて

ハリウッドが作ると何でも派手だわ
そんなに派手に爆発させなくても・・・

原作のホームズさんは、あまり痛いことはしないのに
殴り合いとかピストルで撃ち合いとか・・・
(↑は原作にも確かにあるけど)
科学捜査だって、原作はもう少し胡散臭い(笑)
あんなにきちんとした科学的根拠は、時代的に無理じゃないかなぁ
まあ、「初めてのホームズ」ということだから
そういう風に作っているんだろうけど

ドクター・ワトソンは、割りとイメージに近かったけど
「シャーロック・ホームズ」と言えば、BBC
ジェレミー・ブレッドさんよねー、やっぱり(笑)
アイリーンもなーー なんかイメージが違う
ホームズさんはアイリーンさんの写真を飾ったりはしないと思う
部屋全体も、あんなに汚くない(笑)
ロンドンには「正確に再現された部屋」があるんだよ

派手なアクションより、謎解きにもっと力を入れて欲しかったかな
パート2をつくる気満々の終わり方は・・・うーーん

ワーナーブラザーズのロゴマークの入れ方は、いつもシャレてる
エンドロールも楽しかった

この台本でBBCが作ってくれないかな
posted by 未来 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

映画『ユキとニナ』

シアターキノにて

本物の「森ガール」映画(笑)

トウキョウの森ガールは、ふわ・ゆるで、あくまでも
森にいそうな、というところがポイントだけど
この映画の森ガールズは、フランスらしい超シンプルな服で
森を歩き回る

状況としては、森で迷子、なんだけど
本人たちは自分の意思で森にいる

森に行くことになる理由は、オトナって勝手!なんだけど
出てくる大人は、小さい子にもちゃんと自分の思いを伝えている
もちろん子どもの感情に流されたりしないんだけど
子どもは黙ってろ的対応をしないのは、フランスっぽい

というのも、実際見たことがあるんだよね
パリの街中で、お母さんが子どもを冷静に理論的に叱ってる(と思われる)場面に
子どもは号泣してるんだけど、切々とお説教している(らしい)お母さんに、
なるほどーと思った
周りを歩いているオトナたちも、まったく意に介していなかった

映画としては、後半は想いっきりファンタジーになっちゃって
私としてはちょっとうーーんだけど
まあ、それもアリかな?

森ガールズの一大決心の森歩きも、オトナに簡単に発見されてしまう程度で
最後にはオトナの都合でコトは進んでいくんだけど、
セラヴィだよね(笑)

ところで、主人公の女の子は、本当に仏日ハーフみたい
顔がなんとなく日本人だし、かなりきれいな日本語を話すし
お箸もちゃんと使える
森ガールズが、とてもとてもカワイイ&カッコイイ

インテリアも素敵
キャシャーンとセーラームーンのお人形があって、笑える

**********************
公式サイトを見たら、ユキちゃんは、本当に仏日ハーフでした
posted by 未来 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2010年04月11日

映画『イングロリアス・バスターズ』

蠍座にて

見逃したと思っていたら、蠍座さんがカケてくれたので

タランティーノ監督だし、あのチラシだし
もう少しコメディタッチかと思っていたら、シリアスだった

痛いのキライ
なので、あまり楽しめず
出てくる人もほとんどみんな死んでしまうし…
切なくなる
戦争映画だから、あまり楽しいのもよろしくないけど

映画館の若きオーナーの彼女は良かったでした
posted by 未来 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2010年04月08日

映画『時をかける少女』

札幌シネマフロンティアにて

アニメ版の主人公の声をした本人が、主人公ででてる
声だけより演技が自然で良かった

それより、やっぱり安田成美さんですよ!
この映画、初代『時をかける少女』のその後なのです
原田知世さんの役が大人になったのを安田さんがやるって、
思わずニヤニヤする

深町くんとの約束を思い出した母の変わりに
娘が会いに行くって設定も、時をかける少女っぽい

この娘さん、いかにもイマドキなんだけど
躾の良さが見えます
人に何かをしてもらったら、必ず「ありがとう」と言っている
本当に几帳面に言ってる
反省したら「ごめんなさい」も言える

石丸さんもいい役だわー
自分の時代にいる、大人になった深町くんの役
おいしいとこ取りって感じ(笑)

ちょっとポップな主題歌も楽しい

初代「時かけ」観た方には、オススメです
posted by 未来 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2010年04月06日

映画『スイートリトルライズ』

札幌劇場にて

江國さんだなー
なんかイライラする(笑)

どこかで観た顔だなーと思っていたら
エンドロールで十市くんと判って、びっくり
バレエダンサーなんですけど
バレエダンサーだからか、
夫と彼女の濡れ場はかなり濃厚なのに妻と彼のシーンはない
ちょっとずるい

R指定は濃厚なシーンのせいだと思うけど
一番のR指定は彼女とか彼氏とか作っちゃいけないってところかも(笑)
倫理委員会だもんね
結局「ただいま」って、そりゃないぜと思わない?

妻はテディベア作家という設定なので
個展をしたり実際にベアを作っている場面もでてくる
ワタではなくて、木くずをいれる本格派なんだけど
あの縫い方では弱いのではなかろうかと思った次第
posted by 未来 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2010年04月04日

映画『パーシージャクソンとオリンポスの神々』

シネマフロンティアにて

ギリシャ神話の神々がたくさん出てきて楽しかった

主役の二人が、見た目ハリーポッター風な感じが・・・

ハデスとペルセポネがパンク風なのは何故?

サテュロスとかケンタウロスの合成がなかなかgood
メデューサのヘビも良くできてた

ストーリーもギリシャ神話っぽくて楽しかったけど
ゼウスの雷ってそんな簡単に盗めるものなの?(笑)
盗まれる方が情けなくない?(爆)

ギリシャ神話を知らなくても楽しめそうだけど
知ってる方がより楽しいと思います
posted by 未来 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2010年04月02日

映画『人間失格』

札幌シネマフロンティアにて

最終日だけど結構人がいた

うーーん、基本的に太宰治とは判りあえないかも(笑)
私はこんな人間なのですよとアピールされてもねぇ

オールスターキャストというか、
出てくる人がみなさんすごいんですけど
(特に女優さんたち)
その中で主役張って、負けてないところはエライ
中原中也役の人がはまっていた

昭和な日本の感じも良かったけど、
前の桜桃とたんぽぽの方が凝っていたかな?

あんまり感想がないです
posted by 未来 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2010年03月22日

映画『50歳の恋愛白書』

札幌劇場にて

えーーっ、こんな内容?
久々、この邦題はないんじゃない?と…
(他にも書いてるけど、基本邦題に?はあまりない)
原題を直訳すると「ピッパ・リーの私生活」って感じ
この方があってる気がする

まあ、したいことだけしてる(特に最近は)から
彼女の鬱屈に共感できないってのが、ネックなのかも

これだけドラマチックな生活してきたなら、いいじゃんと思ったり
主役の女優さん、いしだあゆみさんのイメージだなーと思ったり
娘役の彼女は、最近良く見るなーと思ったり
アメリカは病んでる人が多いのかと思ったり

ここ最近「人生遅すぎるってことはない、いつでも再出発可能」という
映画の封切りが続いてる気がして、意識的に続けて観てみたけど
どれももう一つピンと来なかったのは、まだ若いってこと?とポジティブに(笑)

50歳になったら観るといいのかも
posted by 未来 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2010年03月19日

映画『食堂かたつむり』

札幌シネマフロンティア

思っていたよりポップなつくりで
映画の作り方としては、好き嫌いがあるタイプだけど、
内容は素敵だ

やっぱ、おいしく食べるって大切!というか基本だよね
「いただきます」「ごちそうさま」って感謝の言葉をちゃんと言うとか
「おいしい」って声に出して伝えるとか
命をいただくって感覚とか
そういうのって大事だよと、説教くさくなく伝わってくる
最近流行の“食育”なんて意味の判らない言葉なんかより、ずっと判りやすい

セリフが2個しかないから、せめて料理は自分でしないと役者としてどうよ?と
全部の料理を自分で作った柴咲コウさん、カッコイイ
役柄、メイクは地味なんだけど
彼女の衣装がね、またいいんだわ
特に手づくり気分をくすぐる、刺繍とかニット小物の数々
『食堂カタツムリのコーディネイト』とかって手芸本を出してくれたら買う

余さんもトムさんもカッコイイ
エルメスちゃんもね♪
posted by 未来 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2010年03月17日

映画『シャネル&ストラビンスキー』

シアターキノにて

タイトルロールがとっても好み♪
万華鏡のようなベースに、他の模様が浮き出てきたり…
説明が難しい映像なのだけど、
そこから本編の映画に入っていく所も、すんごく良い♪
が、そこから「タイトル」が出るまでには
さらに長いフィルムが使われ…
ようやくようやく、タイトルが出る
タイトルを表示するまでがタイトルロールだとしたら
延々10分以上かかっているかも?

タイトル、原題は「ココシャネル&イゴールストラビンスキー」で
邦題も「ココ&イゴール」の方が格好良いのにな

去年のココ・シャネル映画2本と比べると、ちょっと悪女なシャネルさん
女優さんは、私のイメージでは一番シャネルっぽい
ストラビンスキーをののしる所とか、ゾクゾクする(笑)

あ、でもストーリーは架空なんだそうで…
確かにココの映画にはそんな話は出てこなかった


シャネルの別荘のインテリアが、もーカッコイイ
毎日モダンな部屋にいると息が詰まるという感覚も判るくらい
モダンなデザインの部屋たち
もちろん、衣装・インテリア小物なども目の保養♪

20世紀初頭って、いろんなモノがデコラティブで良いわ
最近のデザインってシンプル過ぎる感じ

***********************

この前、うちの近所で懐かしの“後ろ○目のスカG”を目撃して、
思わずやっぱりかっこいいなーと思ったのでした
posted by 未来 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画