2010年05月04日

意外と小さい

小型連休も終りです。

行くつもりはなかったのですが、東の方へ行ったついでに
ついうっかりと足を踏み入れてしまいました。

100503g_2.jpg

正直、ファースト以外のMSはほとんど知らないので
1/10モデルも良くできてるなくらいなのですが…

100503g_1.jpg

実物大を見ると、意外と小さいなと思いました。

*********************

NHKの「八日目の蝉」が終わりました。
久しぶりでちゃんと見ていたドラマでした。
壇れいさんのナレーションが切なくて、イタくて…

先日、本屋で原作をパラパラと見ていたら
全編日記のようになっているのですね。
原作も読んでみたいです。図書館で借りられるでしょうか?

次は、阿部サダヲさんとサトエリちゃんの夫婦です。
おもしろそうなので、これも見るつもりです。

でも、今期一番はまりそうなのは、「同窓会」。
ドロドロです(笑)
posted by 未来 at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり

2010年01月09日

ノックする

夕べの「トップランナー」にて話題になっていたことです。


やりたいことがあれば、ノックしてみる

一度ではダメでもノックし続けてみる
相手があまりのうるささに、断るためにドアが開いたときに
スルッと入ってみる


自称:肉食系華道家(笑)さんの話でした。

根性入ってるなーと思いました。

司会の人もかなりノッていましたが、
そこまでして「やりたいこと」があるか、という所からかも?と
言いたい気持ちも判るような気がしました。

ありますか?

posted by 未来 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり

2010年01月08日

展示会『オバケ!ホント?展』

ほくせんギャラリーivoryにて

Artdirection 岡田善敬さんと、Illustration 倉橋寛之の展示会です。

東京ADC賞受賞記念とのことですが、
そんなことは関係なくというか、さすがというか、
楽しい展示会です。

会場中、オバケがたくさーーんいます。

写真OKとのことなので、気に入ったのを撮らせてもらいました。

obake1.jpg

風神さんも雷神さんも、オバケに(笑)


obake2.jpg

オバケの写真がいっぱい。
裏に回ると、オバケの正体がわかるという、おもしろい展示です。

obake3.jpg

今回一番人気らしい、オバケスリッパ。
よーく見ると、微妙に表情が違っているような、違わないような…
もしかすると、少しずつ動いているのかも?

obake4.jpg

私が一番気に入ったのは、これです。
が、実は、出展者さんの奥様作だそうで…
出展者さまには、申し訳ないです。

うちのトイレにも、オバケ作ろうかなぁ

16日まで開催なので、ぜひ。おすすめです。
posted by 未来 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり

2009年11月14日

NHKのギリ

今夜の『東京カワイイTV』は、ネコキャラクター特集でした。

当然のことながら、登録商標の嵐な訳です。
それでもOKなのが最近のNHKです。

中心は「リボンをつけた世界一有名なネコ」(笑)

最初に紹介されたのが、台湾での席巻の様子でした。
当然出てくる人は台湾の言葉で話しているので、翻訳の字幕が出るのですが、
キャラクター名のところだけ「○○○ちゃん」と伏字になってました。

でも話し言葉は、固有名詞がきっちり聞き取れるのをそのまま放送です。

欧米セレブは「○○○ちゃんと□□□□のコラボよ」と字幕されてましたが、
話しているのは英語なので、ほぼそのまま聞き取れます。
(コラボしていたのは、シャネルです)

当然のことながら、サンリオ本社にも取材していて、
MCの一樹さんもはっきり「○○○ちゃん」とおっしゃってるのを
そのまま放送しているし。

ちなみにナレーションは、すべて「ネコ」で通していました(笑)

あ、でも「キティラー」はOKのようです。
ナレーションもしっかり「キティラー」と発声していました。


もう10年くらい前から、紅白の楽曲もCMソング・ドラマの主題歌がありになっていますし、
今年は、ガチャピンとムックが「おかあさんといっしょ」の
スペシャルゲストにでてますし…

NHK的NGラインはどんどん後退していますね。
現在のギリラインはどのあたりなのでしょう(笑)
posted by 未来 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり

2009年11月08日

写真教室

以前も参加したjojoさん主催の写真教室に行ってきました。

写真を撮るといつも、もっといいカメラが欲しいなと思ってしまうのですが
今のカメラでもより良く撮れればと考えて参加しました。

今回の講師は、カルチャーセンターでも教室を持っていらっしゃる
上原先生です。
教えるプロなので、お話がとても判りやすかったです。


まずは、持ち方が間違っていることが判明しました。
左手をL字に構えて、その上にカメラを乗せるように持つのが正しいそうです。
左手だけでも安定した状態で持つとブレにくいし
姿勢が良くなって、写真も良くなる、ということです。

その上で、右手でもしっかり持って、ゆっくりシャッターを押すのです。

他にも基本の基本をしっかりと教えていただきました。
(以下、画像は全てサイズ変更とアンシャープマスクのみ処理しました。)


ランチのカレーです。

091108lesson1.jpg

食べ物は、お皿が見切れるくらいに近づくのが良いとか。
porocoをお手本にすると良いそうです。

まだまだあるよ
posted by 未来 at 23:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり

2009年10月25日

展覧会『皇室の至宝』

東京国立博物館・平成館にて

東京に着いてから、TVで知った展覧会。
若冲の『動植さい絵』30幅が観られる!というのと
日曜は18時まで開館というので行ってきた

待ち時間もなく、係員は中が混んでいると言ってたけど
札幌の近代美術館の激混みに比べたら、全然マシという程度。

それでも、順路に関係なく空いているところからご覧くださいという
案内に従って、空いているところを狙って観る

結果、会場を2周することになったけど、
時間ギリギリまで粘って堪能できました〜


若冲のは、やはり見ごたえたっぷり。
にわとり描くのに、何年も飼って観察したというくらいの人だから
とにかく細かく、綺麗に、丁寧に描いてある
けど、1本の軸に13羽も描いちゃったり
虫シリーズとか海の生き物シリーズとか気持ち悪いシリーズとか
図鑑のような軸があったりとやっぱり少し変(笑)

他にも有名な絵がたくさんあったけど
私は工芸品の方に惹かれた

まあ、当たり前だけど技術が半端無い

象牙を繋いで彫ったと説明がある女官の像は、
どこで繋いでいるのかまったく判らない

七宝焼きの壷は、七宝焼きという技法を考えると、奇跡のよう
普通に筆で書いた磁器だとしてもため息が出そうな細かい絵なのだ
しかも所々有線だったりするから、もう気が遠くなるよ

他にもほへ〜となる、まさにお宝の山なのよ
中島先生が鑑定団で「本物を見なさい」とおっしゃるのが判る気がする


帰る道々思ったのは、マンガの殿堂なんて作るくらいなら
「皇室美術館」を作って、日本のお宝を国民に魅せていただきたいわ、
ということだったりする

いい目の保養をさせてもらいました。





posted by 未来 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり

2009年10月24日

演劇『蛮幽鬼』

新橋演舞場にて

本当に久しぶりの劇団☆新感線の舞台。
最も主催・製作は松竹だから、新感線というより
いのうえプロデュースの商業演劇だけどね。

劇場も松竹のだし、スタッフも松竹全面協力って感じで
ちょっと複雑な気分だったりもする

歌舞伎的舞台装置もフルに使って、まさにいのうえ歌舞伎。
むかーし昔、近鉄劇場なんかでみたいのうえ歌舞伎とは
全然違いますわね〜

どっちもそれぞれの良さがありますけど(笑)


上川さんも稲森さんも、さすがにうまいんだけど
早乙女くんも綺麗なんだけど(若干大衆演劇が抜けてないけど)
なんと言っても堺雅人さんですよ

いやもう、こわーーい!
変な人が怖いのもかなりだけど、爽やかな笑顔の人が怖いと
怖さ倍増。

しかも、今回の席は2列6番。花道の外側すぐ横、一番前。
歌舞伎では、どぶと呼ばれる見えにくい席だけど…

ずっと首を右に曲げているのと、大きなスピーカーのまん前という
かなり身体的苦痛を伴う席なのだけど…

花道を通る役者がすぐそこ!な席なのです。
堺さんの爽やかな笑顔も、すぐそこ!(笑)


中島さんもいのうえさんも、やりたいことが明確だし
それを実現できる技と資金があるバックが付けば百人力?

ただ、こういうのは行き過ぎるとお客さんがついていけなくなるかも(爆)
なので、そのあたりは適度なところを見極めていただければ。


でも今回は、最後は全員のスタンディングになったし、
良かったんじゃないでしょうか

何より、生の舞台はやっぱりいいわーー

ゲキ×シネも大好きだけど、やっぱり舞台はライブが一番だなー

本歌舞伎も観たい…
posted by 未来 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり

2009年09月02日

一日おでかけ

作業も一区切りついたところで、
今日は一日出かける用事を集中的にこなしました。

**************

まずは、『クリムトとウィーン世紀末展』

クリムトの「接吻」と「ダナエ」が来てると思い込んでいました。
来てなかったのね・・・残念

シーレという画家は、初めて知りましたが、
なかなか画家っぽいというか(笑)
一番興味があるのが自分で、自画像がすごく多いそうです。
しかも、いろいろポーズをつけていて…

そして、額がすごかったです。
正直言って、絵より額をガン見してきました。

ウィーン工房の絵はがき、というのが何点か出ていて、
これが今でもきっと人気が出そうな
シャレたファッション画でした。

この絵はがきの絵はがきをゲットしました。

**************

澄川でkimamaさんに、大通でカナリヤとセントラルに寄り、
必要なモノモノをゲットして帰宅しました。

9月になったけど、まだまだ暑いですね。
日陰になるとそうでもないですが、日差しが強いです。

それでも朝夕の涼しさは、秋の気配。
残暑がなくて過ごしやすいです。
posted by 未来 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり

2009年08月21日

仏像とアサアサ

もう今日しかないということで、
『聖地チベット』展を観にいきました。

細かい細工に見入ってしまいます。
信仰がないので、完全に工芸品としてみてしまいますが。

仏像としては、日本の木造の方が好きです。
キンピカの仏様はなんとなく…

チベットの仏さまたちは、お顔が人間ぽい。
しかも男女がしっかりあるそうです。

がい骨もあちこちに出てきます
スイスホルンのような楽器を支える台は、
2体のがい骨(の彫像)だったり・・・

とてもきれいな異文化でした


歩いてmeo-sachiさんのアサ*アサ展に再び。
展示品は総入れ替えという感じでした。
作っても作っても売れているようです。

散々迷ったけど、トートバッグをひとつゲット♪

meosachibag.jpg

右下のミシンタグが決め手になりました。
ピンク系というのも、珈琲袋雑貨では珍しいかも?と思います。

ルンルン♪です(古すぎっ!)
posted by 未来 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり

2009年08月16日

少し、街歩き

世界陸上に付き合ってしまったので、起きたら9時前でした。
生中継なので、現地が進行しない間は同じVTRを
何度も流すんですよね・・・

他の競技もしているんだから、
今している競技の生中継をしてくれればいいのに。

午前中から口金つけをして、昼ごはん後も口金つけ。
一区切りついたので、街へ。


まずは、「アサ*アサ」展(南3西7、B・C・S)
元Fa*ya店長さんの個展です。
珈琲袋をリメイクしたバッグと、ドイリーなどの小物がたくさん。
といっても、もうかなり出払った後のような感じでした。
実際、目の前でおとな買いしている方がいらしたし…

こういうモノって同じように見えて、作る人の個性がでるようです。
というか、個性がでるように作らなきゃ、ですよね。
meo-sachiワールド健在です。


狸小路から駅前通りへ歩いて、大丸の「ムーミン展」

絵本の挿絵に訳文の抜粋がついていて、
絵がとても小さくて、訳文読みつつ集中して見ていると
疲れてしまったのと…

人が多くて人いきれに疲れたのと…

ケータイのカメラで、バシバシ絵を写してる
ベビーカー押した若い女性がいたのと…

↑これはあまりにおおっぴらにしているので
 撮影OKなのかと受付まで確認に行きましたが、やはりNGでした。
 おそらく、世の中に写真を撮ってはいけないものがあることを
 ご存知ないのでしょうねぇ

いろいろ重なってしまい、
大丸ミュージアムカードを持っているので出直すことにして、
早々に引き上げたのでした。
posted by 未来 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり