2010年09月05日

映画『ちょんまげぷりん』

シアターキノにて

映画評番組で評判良かったので観たかったが
なかなか行けずにいて・・・
もう、今日しかない!ということで行ってきた
ほぼ1ヶ月ぶりの映画ですぅぅぅぅぅ

日曜だから混んでるかなぁと覚悟していたけど
開演30分前で、27番。
平日なら一桁台を取れるのに。
(キノさんは整理番号準入場の自由席シアター)

それでも、後ろから3列目の壁際端っこ席を確保
ここって、壁にもたれられて楽なのよ
お行儀悪いけど、映画中は暗いしね。

ところで、50人近くのお客さん、たぶん全員女性!
しかも20代後半くらいに集中!!
錦戸くんって人気あるんだねぇ・・・


あ、映画はまあ良かったんだけど
ストーリーは先の先まで読める、安心の展開(笑)
となると、キャラクター=出演者の魅力が分かれ目なんだけど…

イマイチの原因は、子役だな
うまいとは思うのですが・・・ イヤなのよね(ゴメンね)
私のイメージする「子どものかわいさ」とは遠いところに
いる感じがして・・・

ともさかさん、キャリアを目指すシングルマザー
まあ業種にも寄るでしょうけど、
自宅持ち帰りで仕事こなしてるにしても
彼女の会社&上司はかなり理解のある良い会社だと思う
実際、残業するようになった途端に昇格だし・・・
気に入らないこともあるだろうけど、
あの会社じゃなきゃもっと大変だと思う

錦戸くんは、意外にサムライでした
小普請組っていう雰囲気が良く出てたような(笑)

彼女の方が8歳上の設定で、ずいぶんお姉さん的に振舞っていたけど
実際に江戸期の人と比べると、
ちょうど釣りあうくらいの精神性じゃないかなと思う
子どもの叱り方とかね
あの場面が一番良かったな。スッとした
ありがとう、安兵衛さん


あー、蒸し焼きプリン食べたい
昨今の流行は「とろける」系だけど
お皿に乗せて食べるプリンが好きなのさ
posted by 未来 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40568660
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック