2010年02月13日

オリンピック開幕

バンクーバーオリンピックが始まりましたね。

開会式は、NHKの再放送版で観ました。
アナログ放送なのですが、きれいな式典だなーと思いました。

バンクーバーもオリンピック開催反対の立場の方がいて
その中に先住民族の方々もいらしたとか。
最終的に折り合って、開会式でも選手団を迎え入れるという
重要な役どころを先住4民族が担っていました。

でもね、歓迎の踊りを1時間以上踊り続けるって
ちょっときつくないですか?と心配になります。

クジラの映像に合わせて、地下から潮吹きを表現したのには
思わず、すごーいと拍手しました。
大きなメイプルリーフが降り注ぐ演出も好きでした。

掲揚した旗を半旗にしたり、聖火台が上がらなかったり
エンタテイメント的な華やかさは微妙だったかもしれないけど
良い式典だったのではないでしょうか。

自分が点火するはずの聖火台が出てこなかった方が
最後までトーチを掲げて、にこやかに晴れやかに立っていたのが印象的でした。
やっぱりアスリートは度胸あるなー、と。
posted by 未来 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35345960
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック