2009年11月08日

写真教室

以前も参加したjojoさん主催の写真教室に行ってきました。

写真を撮るといつも、もっといいカメラが欲しいなと思ってしまうのですが
今のカメラでもより良く撮れればと考えて参加しました。

今回の講師は、カルチャーセンターでも教室を持っていらっしゃる
上原先生です。
教えるプロなので、お話がとても判りやすかったです。


まずは、持ち方が間違っていることが判明しました。
左手をL字に構えて、その上にカメラを乗せるように持つのが正しいそうです。
左手だけでも安定した状態で持つとブレにくいし
姿勢が良くなって、写真も良くなる、ということです。

その上で、右手でもしっかり持って、ゆっくりシャッターを押すのです。

他にも基本の基本をしっかりと教えていただきました。
(以下、画像は全てサイズ変更とアンシャープマスクのみ処理しました。)


ランチのカレーです。

091108lesson1.jpg

食べ物は、お皿が見切れるくらいに近づくのが良いとか。
porocoをお手本にすると良いそうです。

091108lesson2.jpg  091108lesson3.jpg

右の普通に撮った写真に比べると、
左はちょっとボケ感があるトイカメラぽい感じでしょう?
これは、接写モードで適当にフォーカスロックして、
そのまま遠くを撮るとできる技なのです。


091108lesson4.jpg  091108lesson5.jpg

左は普通に構えて撮ったもの。
右は、窓の上の壁でフォーカスロックして撮りました。
コンパクトデジカメのオートフォーカスは、光の量も調整するので
暗いところであわせると明るい画像が撮れます。
窓は露出オーバーになるけど、コレはコレでおもしろい写真だと思います。


091108lesson6.jpg
(お顔のみ、ぼかしを入れています。)

これは、縦位置にする時にカメラをどちらに倒すかという試しに
写してみました。
どちらも机にカメラを置いて撮っています。
私のカメラはレンズが左に寄っているので、
倒す方向で画面の切れ方が全然違いますね。


091108lesson7.jpg

マニュアルモードの中にあった超接写モードだと
レンズから1cmまで寄れることも、初めて知ったり…。

他にも、カメラの画像確認画面で拡大表示できることも初めて知りました。
「機能の8割くらい使ってないね」と言われました。
はい、その通りだと思います。


091108lesson8.jpg

帰りに大通り公園で撮ってみました。

縦位置で風景を撮る場合は、近・中・遠景を意識すると良いそうです。
近景:自転車、中景:紅葉、遠景:ビル、のつもりですが
イマイチですね…。

動いている被写体を真ん中に入れたい場合は、
先に構図を決めて、シャッター半押しで待ち構えて、
ココという時に押し切るという技も教えてもらいました。
これは、うまく入りました♪

楽しく、有意義な時間でした。
jojoさま、上原先生、参加のみなさま、ありがとうございました。
posted by 未来 at 23:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり
この記事へのコメント
このたびはご参加ありがとうございました。
カメラってすっごく楽しいツールなので、使いこなすと自分だけの写真がきっともっと素敵になると思います。ボケボケをわざとやるとイルミネーションとかムチャクチャキレイです。冬は撮るものが少なくなるように思われますが、夜の光にあふれる季節でもあります。ぜひ、楽しんで下さい!
Posted by ariari at 2009年11月10日 04:31
コチラこそ有難うございました。m(__)m
これだけ詳しくレポされて・・・
判らなくなったら、ココへ来て読み返すわ♪アタシ!!
(いい加減覚えれっ。ちゅーの)

12月の作品展も頑張って下さいね〜♪
ハチマキ・メガホン・半被を着て、是非応援に行きま〜す(*^^)v
Posted by じょせ at 2009年11月10日 10:02
◆ariariさん
コメントありがとうございます。
先日は、大変お世話になりました。
ボケボケ写真、楽しいのでイルミネーションでも挑戦してみます!
寒いのは苦手なのですが…、夜にも挑戦してみますね。
また、機会がありましたら、よろしくお願いします。


◆じょせさん
本当にありがとうございました!
参考になりますか〜?嬉しいです
いつでもいらしてねぇ〜〜♪

作品展に応援団ゲット!!
ハッピは寒いかもしれないから、
ぜひドテラでいらしてね(笑)
Posted by 未来 at 2009年11月11日 10:29
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33534731
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック