2009年10月25日

展覧会『皇室の至宝』

東京国立博物館・平成館にて

東京に着いてから、TVで知った展覧会。
若冲の『動植さい絵』30幅が観られる!というのと
日曜は18時まで開館というので行ってきた

待ち時間もなく、係員は中が混んでいると言ってたけど
札幌の近代美術館の激混みに比べたら、全然マシという程度。

それでも、順路に関係なく空いているところからご覧くださいという
案内に従って、空いているところを狙って観る

結果、会場を2周することになったけど、
時間ギリギリまで粘って堪能できました〜


若冲のは、やはり見ごたえたっぷり。
にわとり描くのに、何年も飼って観察したというくらいの人だから
とにかく細かく、綺麗に、丁寧に描いてある
けど、1本の軸に13羽も描いちゃったり
虫シリーズとか海の生き物シリーズとか気持ち悪いシリーズとか
図鑑のような軸があったりとやっぱり少し変(笑)

他にも有名な絵がたくさんあったけど
私は工芸品の方に惹かれた

まあ、当たり前だけど技術が半端無い

象牙を繋いで彫ったと説明がある女官の像は、
どこで繋いでいるのかまったく判らない

七宝焼きの壷は、七宝焼きという技法を考えると、奇跡のよう
普通に筆で書いた磁器だとしてもため息が出そうな細かい絵なのだ
しかも所々有線だったりするから、もう気が遠くなるよ

他にもほへ〜となる、まさにお宝の山なのよ
中島先生が鑑定団で「本物を見なさい」とおっしゃるのが判る気がする


帰る道々思ったのは、マンガの殿堂なんて作るくらいなら
「皇室美術館」を作って、日本のお宝を国民に魅せていただきたいわ、
ということだったりする

いい目の保養をさせてもらいました。





posted by 未来 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33331379
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック