2009年03月12日

魔女のケープ

2008年に見た中で一番好きだった映画
『西の魔女が死んだ』

イギリス人のおばあちゃんの生活が、シンプルで筋が通っていて
なんとも言えず良かったのです。

その中でも、おばあちゃんが身につけている小物が良くて。
パイナップル編みのケープがかわいくて、編みたいと思っていました。

けれども、パイナップル編みがあまり今風ではないのか
なかなか編み図が見つからなかったのです。

そしてようやく見つけたのが、2003年発売の
『ショールとストール』という本でした。

本に載っていたのは、ショールなのでイメージよりかなり大きい。
糸も太めでかぎ針8号の指定でした。

それで、糸を細くしてかぎ針5号で編図どおりに編むことにしました。

これもチョコチョコと編んで、少し前にようやく完成!
そして、やっとやっと写真を撮りました。

cape1.jpg

テラコッタと言うか、渋いオレンジ色です。
ウールリネンという糸で、一年中活用できそう。
大きさもイメージ通りです。

cape2.jpg

この模様がパイナップルに見えるので、パイナップル編み。
複雑に見えるけど、長編みと鎖編みのみの単純な繰り返しです。

パイナップル編みにはまりそうな予感が…
(はまってる暇はないはずなのに)
posted by 未来 at 23:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 製作記録
この記事へのコメント
すごい!
ステキですね!
リネンの入った糸だと、季節を問わず着用できていいですよね。
ところで、がま口をオーダー受けて
作ってらっしゃるんですね。
これまたすごい!
あこがれます(マジで)
Posted by ブライアン at 2009年03月15日 23:54
◇ブライアンさん
コメントありがとうございます♪
ムホホッ
このケープは、自分でも気に入ってます
そうそう、夏の冷房対策にも頼りになりそうです

いえいえ、私の方こそ、
ブライアンさんて素敵♪といつも密かに思ってますよぉ
また、昭和な話題でニンマリしましょう
Posted by 未来 at 2009年03月16日 08:38
とても素敵なケープに魅入ってしまいました。
(画像をプリントしてながめています)
自分用に編んでみたいと思う気持ちが強くなり 今、編み図をさがしています。(これがむずかしいですね)
そこで、あつかましいお願いですが、できましたら「ショールとストール」の発行会社を教えていただけないでしょうか?
どうかよろしくお願いいたします。
Posted by ちびこ at 2010年12月24日 21:23
◆ちびこさん
お返事が遅くなってごめんなさい。
コメントありがとうございます♪

プリントしてまで見てくださってるなんて、嬉しいです。
この本は、日本ヴォーグ社から発売されています。
http://book.nihonvogue.co.jp/book/bookDetail.do?screenType=3&productId=127
↑ここから購入もできるようですので、参考までに・・・

表紙のモデルさんのショールが、まさにこれなのですが、
私のは、記事に書いている通り、糸とかぎ針を細くしてかなり小さく編んでいます。
便利に使えて注目度も高いです(笑)
ぜひ編んでみてくださいね。
Posted by 未来 at 2010年12月27日 00:54
*未来さま
ありがとうございます。
幸運にめぐまれているのか図書館にありました。
私も本のショールより未来さんが編んだ形のほうが好みですので お正月から、挑戦してみようと思います。
今までは、本の通りにあんでいましたが、針や糸を替えて 大きさを替えるというテクニックを教えていただき、またひとつ編む楽しみが増えました。
暮れのお忙しいなか ほんとうにありがとうございました。
Posted by ちびこ at 2010年12月28日 11:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27569853
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック